おいしいお米の炊き方

お米の炊き方を楽にするのが無洗米です。研ぐ、洗う行程をなくすることができます。酸化もしにくいと言われます。

お米の炊き方において無洗米を使う

おいしいお米の炊き方 お米の炊き方として、まず行うこととしてはお米を研ぐ作業が必要とされます。これは昔からあることで今も行われています。研ぐためには一定の時間が必要なだけでなく、水もそれなりに必要になります。また研いだ時にっ出る水は排水することになりますから、環境のことを考えるとあまり好ましくありません。そこで考えだされたものとして無洗米と言われるものが登場しました。洗ってい無い米ではなく、洗う必要の無い米の事になります。

使い方としては、いきなり水に浸して浸し終われば炊くことになります。つまりは研ぐ工程がありません。かなり楽に炊くことができそうです。手も汚れませんし、洗う必要もありません。無洗米についてどのようにして研いでいるかですが、他の米の糠の力を利用して別の米の糠を削り取るようにして研いでいるそうです。水を使うわけでもなく、きれいに糠や汚れが取れるようになります。気になることとしては、参加することはないかです。

酸化は食品などでは起こるものなのですが、通常のお米は糠が酸化を進めると言われます。無洗米は糠をきれいに取っているものなので酸化が起きにくいと言われています。しかし全く無いわけではないので、早めに食べるに越したことはありません。