おいしいお米の炊き方

お米の炊き方として、研ぐときには水は完全に切ります。米同士の摩擦によって汚れを削る必要があるからです。

お米の炊き方で研ぐときに水を入れておくか

おいしいお米の炊き方 野菜で料理を作る時、水で洗うことがあります。流水で洗うこともあれば、ボウルに水をためてその中で洗うこともあります。根菜野菜などは土がついていたりするので、水につけて洗わないと汚れがきれいに取れないこともあります。刷毛などでこすっても細かい土などは取れないでしょう。お米の炊き方において、お米を研ぐときはどのようにするかです。研ぐときには水を使うといいます。水を入れてその状態でかき混ぜるようにすればいいかです。

研ぐときの基本としては、水は切っておきます。最初にかるくおこめの汚れをとるために水につけますがそれは一瞬です。すぐに水を捨て、この時には一滴残らず切るようにします。お米そのものにわずかについている水分を利用して研ぐことになります。水を入れた状態で研ごうとしても、米同士がぶつかり合いません。水に浮いた状態になるからです。米同士がぶつかり合って汚れを削ることが目的なので、水を入れたままにしてはいけないのです。

研ぐときの手の動かし方としては、手を入れて軽くかき混ぜるようにします。上から押さえつけたりすると力が加わってしまってお米が割れてしまいます。お米の形が小さくなればうまく炊けなくなります。形を維持するようにします。