おいしいお米の炊き方

お米の炊き方では、炊く前の準備が大事です。お米を測り、研ぎ、水を含ませておきます。しばらくおくのが大事です

お米の炊き方として炊く前の準備をする

おいしいお米の炊き方 料理をするときには、いくつかの過程を踏むことがあります。それを行わないとうまくいかないこともあります。下ごしらえの部分になりますが、下ごしらえだけに一見必要でないように思うこともあるのです。それぞれの役割をきちんと知っていればそれをしないといけないことがわかるでしょう。お米の炊き方としては、ただお米に水を入れて加熱をすればいいだけのように思うことがあります。でもそれではうまく炊くことができない場合があります。

まずは炊く前の準備をきちんと行う必要があります。火をつける前に何処までしておくかです。まずお米の分量を計ります。炊きたい量をカップなどで測っておきます。その後にお米を研ぎます。洗うともいいます。既に洗われているものは無洗米と言われるものがあります。こちらはこの過程は省略することができます。そして大事なところとして水を入れてしばらくつけておきます。これによってお米の中に水が含まれるようになるのです。

お米はもともと植物ですから水分を含んでいましたが、その後に乾燥をする家庭で水分量が減っています。この状態で炊いてしまうとパサパサになってしまいます。しっかりと水につけることで水分を含み、後は加熱すれば良い状態になります。