おいしいお米の炊き方

お米の炊き方では、水道水に備長炭をつけたものを使います。カルキ臭が備長炭に吸収されるのです。

お米の炊き方で水道水に炭をつけたものを使う

おいしいお米の炊き方 子供の頃、体育の授業が終わった後のどが渇いていたので水道に走って飲んでいたことがあります。なんとなく鉄のような味がしたのを覚えています。そのときはまだミネラルウォーターなどはあまり出回っていなかったので、水とはそのようなものと思っていました。その後ミネラルウォーターを飲むようになって水道水との違いがかなり分かるようになりました。水道水はにおいや味もさることながら、成分においてもあまり好ましくないのかもしれません。

お米の炊き方として水を使うのですが、水道水を使うことが多いです。ミネラルウォータを常備しているところでも水道水を使うところがあります。あくまでも飲むことにしか使っていないのです。水道水も少し工夫をすることで良い水に変身させ、ご飯の味にも影響させられることがあります。その一つに炭を使う方法です。備長炭が良いと言われます。これを汲んでおいた水に入れておくのです。真っ黒になると思うかもしれません。

備長炭には細かい気泡があり、浄水機能があると言われます。一定時間置いておくと、カルキ臭の元になるものを吸収してくれると言われます。きれいな水にしてくれるのです。ためておいて備長炭を入れるだけなので簡単にできます。